南足立郡誌 - 南足立郡(東京府)

南足立郡 南足立郡誌

Add: jyhajo82 - Date: 2020-12-07 21:39:05 - Views: 1943 - Clicks: 6356

東多摩郡, 南豊島郡 の区域をもって 豊多摩郡 を設置することに伴い 東多摩郡 中野村, 野方村, 和田堀内村, 杉並村, 井荻村, 高井戸村, 南豊島郡 内藤新宿町, 淀橋町, 大久保村, 戸塚村, 落合村, 代々幡村, 千駄ヶ谷村, 渋谷村 を 豊多摩郡 所属とする. 千住町(せんじゅまち)は、1889年(明治22年)5月1日から1932年(昭和7年)10月1日まで存在した東京府 南足立郡の町。 現在の東京都 足立区 千住、千住大川町、千住寿町、千住中居町、千住仲町、千住河原町、千住橋戸町、千住緑町、千住宮元町、千住龍田町、千住柳町、千住元町、千住桜木. 東京府之部 著者 篠田皇民 著 出版者 東京都民新聞社 出版年月日 昭和6 備考 国立国会図書館内では、一部分のみ印刷できます。 請求記号 特275-602 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10. この記事は クリエイティブ・コモンズ・表示・継承ライセンス3. 南葛飾郡誌 フォーマット: 図書 責任表示: 東京府南葛飾郡編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明治文献, 1973 形態: 490p ; 22cm 著者名: 南葛飾郡(東京府) シリーズ名: 日本郡誌史料集成 ; 関東地方 書誌ID: BN13284711 東京府下北豊島郡板橋全図; 東京府下北豊島郡上板橋村全図; 東京府下北豊島郡練馬町全図; 東京府南足立郡千住町・東京府北豊島郡南千住町全図; 東京府南葛飾郡隅田村・寺嶋村、吾嬬村; 東京府南葛飾郡亀戸町・大嶋町; 東京府南葛飾郡砂村; 東京府荏原郡. More images for 南足立郡誌 - 南足立郡(東京府) ».

1878年(明治11年)、東京府は府下を区と郡に分かち、荏原郡・東多摩郡・南豊島郡・北豊島郡・ 南足立郡・南葛飾郡の6郡が制定されました。 1889年(明治22年)東京府は府下に東京市を設け旧15区の. ホーム > 所蔵資料・統計データ > デジタル古地図 > 東京府15区8郡時代の町村区分図 > 東京府南足立郡千住町・東京府北豊島郡南千住町全図 更新日:年4月8日. 0cm以下、 重量は1kg以内までに限り、日本郵便のクリックポスト又はゆうメール送料210円にてお送りさせていただきます。. 1 →東京市: 足立区 あだち : 足立区: 西新井村*,本木村*,興野村. 3 形態: 404p ; 19cm 著者名: 小松, 悦二 シリーズ名: 日本郡誌史料集成 ; 関東地方 書誌ID: BN04826700. 東京府南足立郡 編 (日本郡誌史料集成, 関東地方) 明治文献, 1973.

豊島郡(としまぐん)は、武蔵国および東京府にあった郡。 近世以降の郡域は、概ね東京都 千代田区、中央区、港区、台東区、文京区、新宿区、渋谷区、豊島区、荒川区、北区、板橋区および練馬区の大部分(大泉町・西大泉・西大泉町・南大泉・大泉学園町を除く)の区域にあたるが、行政. 江北村(こうほくむら)は、1889年(明治22年)5月から1932年(昭和7年)10月1日まで東京府 南足立郡に存在した村。. jp2) 第七章 南葛飾郡の救護施設狀況 /. 荏原郡 隣接郡 荏原郡(えばらぐん)は、東京府(武蔵国)にあった郡。表話編歴武蔵国の郡現・埼玉県大里郡男衾郡幡羅郡榛沢郡児玉郡賀美郡那珂郡秩父郡入間郡高麗郡比企郡横見郡埼玉郡新座郡足立郡(一部)葛飾郡(一部)現・東京. 南佐久郡誌 フォーマット: 図書 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明治文献, 1973 シリーズ名: 日本郡誌史料集成 ; 中部地方 書誌id:.

舎人村は南足立郡北西部の村。南には東京府、東には渕江村(伊興村)、北は埼玉県 北足立郡 谷塚村、新郷村、西は北平柳村と接していた。 村名の由来 編集 旧来の「舎人領」に属していたことから。 歴史 編集 年表 編集. 3 形態: 229p, 図版6枚 ; 22cm 著者名: 東京府南足立郡 シリーズ名: 日本郡誌史料集成 ; 関東地方 書誌ID: BN10880653. 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示--. 基準年月日 都道府県名 支庁・振興局名 郡・政令都市名 市区町村名 コード 境界データ;: 東京府: 北豊島郡. 11501/9640227 公開範囲 国立国会図書館/図書館送信参加館内公開 詳細表示.

江北村 江北村の概要 ナビゲーションに移動検索に移動この項目では、東京府南足立郡江北村について説明しています。佐賀県杵島郡江北村については「江北町」をご覧ください。江北村廃止日1932年(昭和7年)10月1日廃止理由編入合. 1932年(昭和7年)10月1日 - 全域が東京市に編入。同日荏原郡消滅。東京府では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。(豊多摩郡・北豊島郡・南足立郡・南葛飾郡も同日消滅。東京府としては唯一。) 品川区 ← 品川町、大井町、大崎町. 東京府南足立郡 編 東京府南足立郡役所, 1916. 南足立郡誌 著者 南足立郡役所 編 出版者 明治文献 出版年月日 1973 シリーズ名 日本郡誌史料集成 ; 関東地方 請求記号 gc67-51 書誌id(国立国会図書館オンラインへのリンク)doi 10. 11月2日 - 郡区町村編制法の東京府での施行により、豊島郡のうち12町25村の区域をもって南豊島郡が発足。郡役所を内藤新宿二丁目に設置。また、東京15区の設置により、以下の区域が各区に編入。 神田区 ← 三河町; 芝区 ← 芝町、金杉町. 南足立郡誌 フォーマット: 図書 責任表示: 東京府南足立郡 編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明治文献, 1973. 東京府南足立郡 編 東京府南足立郡役所 1916.

第六章 南足立郡の救護施設狀況 /. ミナミアダチ グンシ. 0 のもとで公表された東京市 - Wikipediaを素材として二次利用しています。 東京市 東京市章 1889年12月制定 廃止日 1943年7月1日 廃止理由 東京都制施行東京市、東京府→東京都 現在の自治体 東京特別区 廃止時点のデータ 国 日本 地方. 11月28日(1872年 1月8日) - 小菅県・浦和県のうち後の南足立郡域が東京府(第2次)に移管。 明治11年(1878年)11月2日 - 南足立郡誌 - 南足立郡(東京府) 郡区町村編制法の東京府での施行により、東京府足立郡に行政区画としての南足立郡が発足。埼玉県足立郡は存続。. 東京府大正震災誌. 東京府南葛飾郡 編纂、千秋社、昭和63年、490p、22cm 函付 状態良好 長辺34cm×短辺25cm以内・厚さ3.

1932年(昭和7年)10月1日 - 全域が東京市に編入。同日豊多摩郡消滅。東京府では1896年の郡の再編以来、初の郡消滅となった。(荏原郡・北豊島郡・南足立郡・南葛飾郡も同日消滅。東京府としては唯一。) 中野区 ← 中野町、野方町. 11501/1458969 公開範囲. 郡 直前 合併後; 南足立郡 みなみあだち: 千住中組,千住北組,本木村*,興野村*,西新井村*,栗原村*,島根村*,小右衛門新田* 千住町 せんじゅ 南足立郡役所 : d01 千住町 : 32. 明治になり東京府の所管に属し、明治11年に47カ町村をもって南足立郡が設けられ、東京府に編入されました。 明治22年5月には市制町村制の実施にあたり、町村の分合を行い1町8カ村(後、明治24年には1町9カ村)になりました。. 6郡=南葛飾・南足立・東多摩・北豊島※・南豊島・荏原 ※北豊島郡=板橋・練馬・北・豊島・荒川(78か町村) 北豊島郡役所は「下板橋宿(現「板橋消防署」となり)」におかれた。 ※板橋は北豊島郡の「首都」であった。 明治22年4月1日 「市制町村制. 東京府荏原郡誌 フォーマット: 図書 責任表示: 小松悦二編纂 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 明治文献, 1973.

江北村(こうほくむら)は、1889年(明治22年)5月から1932年(昭和7年)10月1日まで東京府 南足立郡に存在した村。 現在の加賀、皿沼、谷在家、鹿浜、椿、堀之内、新田、宮城、小台二丁目を範囲とした。. 東京府南足立郡伊興村 (13b東京府南足立郡舎人村 (13b東京府南足立郡西新井村 (13b東京府北豊島郡王子町 (13b東京府北豊島郡岩淵町 (13b東京府北豊島郡尾久村 (13b埼玉県北足立郡南平柳村 (11b市区町村. 79km²、人口密度3,045人/km²。 (年11月1日、推計人口) 以下の1町を含む。 伊奈町(いなまち); 郡名はそれまでの足立郡を埼玉県に属する地域と東京府に属する地域に分けた際、北にあたる埼玉県側を北足立郡、南にあたる東京府側を南足立郡としたことによる。.

南足立郡誌 - 南足立郡(東京府)

email: byviqi@gmail.com - phone:(971) 409-2691 x 3404

ミドルリーダーを育てる 71人が語る現場 - 佐久間茂和 - 小林清之介 ファーブルこんちゅう記

-> 経営者の器 - 池田政次郎
-> 闇に抱かれて眠りたい - 藤村いずみ

南足立郡誌 - 南足立郡(東京府) - 肝疾患レジデントマニュアル


Sitemap 1

名古屋市中区[A4] 2020.11 [小型] - 松田行正 独裁者のデザイン